病院とはどのようなところか正確にみてみよう



病院とはどのようなところか正確にみてみよう

病院とは、入院設備が整っていて、ベッド数が20床以上をもつ医療機関をいいます。
これに対して、診療所は、入院設備がないか、あっても、ベッド数が19床以下の医療機関をいいます。


最近では診療所という名称を使っているところは少なくなってきており、それに代わってクリニックや医院という名称が使われる場合が多いようです。

診療所は何となく医療機関としてのイメージがわきにくいのです。

病院の中では、ベッド数が200床以上かどうかで、初診料や再診料が異なってきます。

すなわち、200床以上もベッド数をかかえる病院は、より専門的な治療ができる設備をもっているために、それ未満のベッド数の病院や診療所から、より専門的検査や治療が必要だと判断された患者さんが、紹介を経由して、送られることになっているのです。



もちろん、200床以上の病院へ紹介状を持たないで直接診察や治療に行くことも可能です。


しかし、その場合には、特別料金を取られる場合が多くなっています。特別料金がかかるのは、より専門的治療や診察が必要な患者さんを優先させるための工夫なのです。
また、病院と名のるためには、医師数と看護師数にも規定があります。

すなわち、3人以上の医師が必要な上に、患者さん3人に対して看護師1名が必要最低限必要なのです。


これに対して診療所では、医師が1名だけで、看護師などの定めはありません。ところで、病院の初診料は、平成18年度の診療報酬の改正によって、270点にされました。

270点というのは金額にすると2700円のことを指しています。



改正前には、初診料は病院よりも診療所の方が若干高かったのですが、改正によって、両者は統一されることになりました。

人の病的状態や症状を正常な状態に戻すことを主たる目的とする病院は、現在、全国で医師数や看護師数の不足に悩んでいるところが多くなっています。

また、診療科によっても人気が高いところと人気がないところの格差が大きくなっています。